人気のペアリングの素材とは

花嫁

同じデザインのペアリングを恋人同士や夫婦で指にはめることに憧れる方は多いのではないでしょうか。
婚約指輪や結婚指輪もそのペアリングのひとつで、現代では日本でも非常にポピュラーなものです。
 永遠の愛を願う指輪ですから、できればデザインだけではなく素材にもこだわって購入するのがおすすめです。
シルバーは求めやすい値段であること、複雑なデザインにも加工しやすいため日常的なアクセサリーとしても身に付けやすいことなどから、交際中に購入する婚約指輪の素材として人気があります。
これに対して一生身に付けることを考えて購入する結婚指輪の素材は、プラチナやゴールドが人気です。
プラチナは耐久性、加工のしやすさなどにおいてオールマイティーな素材で、高級感や上品さからも結婚指輪の定番といえます。
また、ゴールドは非常に華やかで、古くから装飾品として使用されている歴史があり、プラチナに比べメンテナンスは多く必要になりますが根強い人気を誇っています。

サプライズか、二人で選ぶか

夜景の見える落ち着いた場所で、男性が片膝をついて恭しく小さな箱を相手の女性に捧げる、女性は驚き、涙を流して喜び、YESと答える・・・一昔前のプロポーズの定番の形ですよね。
最近はプロポーズの際に渡すものが婚約指輪ではない場合もありますが、やはり王道だと思います。
しかし、婚約指輪の選び方はかなり変わっているようです。
筆者が結婚した時は、婚約指輪は男性が一人で選び、女性に黙って買ってサプライズで女性にプレゼントという形が多かったように思いますが、近年は二人で一緒に選びに行って購入するというカップルも多いようです。
その場合は、一緒にペアリングの結婚指輪を買ったりする場合が多いようですね。
サプライズで渡すか、二人で選ぶかはそれぞれメリットがあると思います。
サプライズの場合は、女性にしてみればしならない間にそこまで考え、一人で準備するという男性の心遣いと優しさにノックアウトされる場合があるでしょう。
一方、二人で選ぶ場合は、女性が気にいったものを選ぶことができるというメリットがあります。
最近では、結婚式などの時に婚約指輪と結婚指輪を重ねてつける女性もいるようですし、結婚指輪は男性とのペアリングが良い、という女性も多いようなので、そういった場合は二人で選ぶ方が良いと思います。
とはいえ、プロポーズは男性にとって一生において数少ない大イベントです。
ここは男気を出して、男性主導でやりたいようにやる方が、女性は「この人なら大丈夫」という安心感を感じることになるかもしれません。
プロポーズを控えている男性諸氏、緊張すると思いますが、楽しみながら頑張ってください。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930